東洋総業株式会社

定休日:土日祝、GW、お盆、年末年始

エヴァ水

HOME > エヴァ水 > Q&A

Q&A

Q1 「エヴァ水」(次世代次亜塩素酸水)って何ですか?
A 厚生労働省が認可している食品添加物である次亜塩素酸ナトリウムと精製水をpH緩衝体(食品添加物)に通す事により生成した、次亜塩素酸を主成分とする弱酸性の除菌・消臭液です。

Q2 どんな効果が有るの?
A 環境・人体等に無害・安全でありながら、あらゆる雑菌に対して効果的に除菌し、同時に優れた消臭力も発揮します。

Q3 なぜ、強力な除菌力が有るの?
A 次亜塩素酸に殺菌力が有る事は各種文献でも紹介され証明もされています。また、食品業界で厚生労働省の認可した殺菌方法は、次亜塩素酸と煮沸のみです。次亜塩素酸を主成分とするエヴァ水は、他のあらゆる消毒剤よりも効果的な除菌方法です。更に、次亜塩素酸はpHによって殺菌能力は変ってきます。エヴァ水は独自製法で殺菌能力が一番高いpH6付近に自動調整し、除菌能力を最大限発揮しています。

Q4 どんな菌に対して有効なの?
A 微生物や細菌等は弱い菌から強い菌まで有りますが、エヴァ水はほとんどの菌種に対抗出来る除菌力を持っています。

Q5 なぜ、除菌力が強力なのに人体に無害なの?
A 人体の殺菌システムの主役は好中球です。好中球が菌の侵入に対する防御するために次亜塩素酸を作り、菌の膜を攻撃し死滅させて細菌の体内組織への侵入を防いでいます。菌を死滅させた後は効果が残留しないため人体に影響を与えず無害なのです。エヴァ水の主成分は生命が数億年かけて造り上げた殺菌システムと同じ次亜塩素酸です。

Q6 なぜ、消臭力があるの?
A エヴァ水の主原料である次亜塩素酸ナトリウムが消臭力に優れているのはみなさんもご存じだと思いますが、エヴァ水の主成分である次亜塩素酸には次亜塩素酸ナトリウムの4〜8倍の消臭力があります。エヴァ水は、アンモニア・硫化水素・トリメチルアミン・酢酸などの悪臭を瞬時に化学反応し無臭の成分に変化させるため臭いが残りません。

Q7 トウモロコシ成分や柑橘系成分の消臭剤との違いは?
A トウモロコシ成分や柑橘系成分の消臭剤はマスキング+香料によって臭いを中和しているだけですが、エヴァ水は酸化分解によって悪臭を無臭の成分に変化させます。また、トウモロコシ成分や柑橘系の消臭剤は家具や衣類などに使用が制限されて人体には使用出来ませんでした。エヴァ水はうがいなどにも使用出来ますし、ペットに直接スプレーしても無害です。100ppm濃度においては「飲料用適」と認められましたので舐めても安心・安全で、お年寄りや乳幼児のいらっしゃるご家庭・施設などでも安心してご使用頂けます。

Q8 エヴァ水の有効期限はどのくらい?
A 有効期限は、生成後1年以内です。次亜塩素酸は性質上、時間による変化のあるものです。製造時から少しずつ失活し始め、やがて水に戻ります。単なる水になるまで失活しますと除菌・消臭の効果が無くなりますので、直射日光・高温多湿を避けて保管し有効期限はお守り下さい。ご使用開始後、夏場は1〜2ヶ月、冬場は3ヵ月程を目安に使い切っていただくのが最適です。期間はあくまで目安です。保管状況にもよります。期間が経過しても急激に効能がなくなるものではありません。

Q9 希釈した場合のエヴァ水の有効期限は?
A 希釈の倍率や水道水の水質にもよりますが、1ヶ月を目安に使い切ることをおすすめします。水道水にはカルシウム・マグネシウム分など不純物が含まれており、徐々にエヴァ水の有効成分が失活します。希釈するほどに、効果も落ちますので、スプレー使用の場合は出来るだけ原液でご使用ください。

Q10 エヴァ水はどんなものを殺菌するのですか?(殺菌スペクトル)
A エヴァ水は、広域の菌を殺菌、大部分のウイルスを不活性化出来ます。
代表的なものとして菌では、MRSA・大腸菌・緑膿菌。ウィルスでは、インフルエンザウイルス・B 型肝炎ウイルス・C 型肝炎ウイルス・ヒト免疫不全ウイルス(HIV)などを不活性化します。

Q11 エヴァ水はサビを促進しませんか?
A エヴァ水自体は、pH6 前後の弱酸性です。ほぼ中性に近いので、水本来の酸化能力程度のサビは出ますが、特別注意する必要はありません。

Q12 エヴァ水の脱色作用はどうですか?
A 通常使用の空間噴霧やスプレー噴霧では、脱色(漂白)の心配はありません。エヴァ水200ppm と500ppm にて、脱色(漂白)実験を行った結果、次亜塩素酸ナトリウム溶液や今までの製法の次亜塩素酸水と比べ格段の差が出ています。

[噴霧器にて使用の場合]
Q13 なぜ、専用の超音波噴霧器が必要なの?

A 市販の加湿噴霧器でもご利用になれますが、メーカーサイドとして認定されている使用方法ではありません。噴霧器の種類によっては故障の原因になる事もありますので、専用の噴霧器のご利用をお勧め致します。また、室内に浮遊している細菌等を除菌するのには空間噴霧が最も有効です。エヴァ水専用噴霧器は、エヴァ水の成分を最大限に発揮できるように設計され、エヴァ水に対しても強い構造を併せ持った噴霧器です。

Q14 どのくらい広く拡散出来るの?
A 空調設備や空気の対流状況にもよりますが、専用噴霧器(エヴァミストキュア:EV-5A)では、20畳程度の空間を除菌・消臭が可能です。超音波噴霧器は非常に細かい微粒子にして空間噴霧しています。そのため見た目には超音波噴霧器の周辺で見えなく成りますが、噴霧された室内はもちろん、開放されたドアや隙間からも成分は拡散されます。

Q15 有効成分の持続時間は?
A 部屋の環境によりますが、通常噴霧された有効成分は約2時間のあいだ空間を滞留します。

Q16 一般的な加湿器(加温式加湿器)を代用出来ませんか?
A 加温式加湿器でエヴァ水を噴霧した場合、沸騰加熱して気化させているため、60度以上で分解が一気に促進されるエヴァ水では、能力を失ってしまいます。また、普通の超音波加湿器では、超音波を発生させる振動子やパッキンなどが劣化してしまい水漏れを起したり、噴霧できない状態になる恐れもあります。(早いものでは1週間くらいで故障してしまいます。)

Q17 噴霧によるOA機器への影響はありませんか?
A エヴァ水は、生成時にナトリウムやマグネシウム等の物質の大部分を除去出来ております。電気分解による機能水の噴霧器ではないので、通常の使用では腐食の心配は有りません。ただし、噴霧したエヴァ水が直接金属に当たり、水滴を生じるような状態では腐食が起きる可能性も有ります。噴出口を向ける方向には十分に注意をして使用して下さい。

PAGE TOP ▲